街乗り自転車女子向けおしゃれファッションまとめ

街乗り自転車女子向けおしゃれファッションまとめ

最近おしゃれでカッコいい自転車で街乗りしている人が多いですよね。

見た目で一目惚れして選んでしまいそうですが、実は種類によって機能が異なる自転車。まずは自転車の種類別に特徴を押さえておきましょう。

おしゃれな自転車をデザインしよう

差がつく街乗り自転車の選び方

自転車は、細かく分けると相当な種類があります。今回は、街乗りに向いている人気のスポーツタイプをピックアップしてみました。それぞれに"街乗り"時のメリット・デメリットがあります。

  • ロードバイク:メリット(スピードが出せる、車体が軽い、自転車乗ってる感No.1)、デメリット(舗装した道路しか走れない、段差に弱い、高額なため盗難にあいやすい)
  • マウンテンバイク:メリット(どんな道でもOK、衝撃に強く乗り心地が良い、独特なデザインがカッコいい)、デメリット(車体が重い、スピードは出せない)
  • ミニベロ:メリット(おしゃれなデザインが多い、小回りがきく、乗り降りしやすい、駐輪しやすい)、(デメリット:意外と車体が重い、意外と高額、段差に弱い)
  • クロスバイク:メリット(適度にスピードが出せる、車体が軽い、舗装した道路以外でも走れる)、デメリット(人気な種類も多く盗難にあいやすい)

競技向けのロードバイクは、走りの良さを考えると1番ですが舗装された道ばかりでない街乗りには不向きなこともあります。

マウンテンバイクは独特なデザインがかっこよく、衝撃吸収する機能などもあり段差には強いですが車体が重いです。街乗りでは、駐輪などで持ち上げる必要もあるため、特に女性で街乗り自転車をと思っている方に車体の重さは考えものですね。

街乗りしやすさを考えると、ミニベロやクロスバイクがおすすめです。ママチャリよりは軽い車体で道の状況も選ばず軽快に走れます。おしゃれなデザインが多く、これから自転車をはじめるという方に向いています。

脱ママチャリ!クロスバイクがおすすめ

ママチャリしか乗ったことがない方がスポーツタイプの自転車に乗った時、その快適な走行性と車体の軽さに驚くことが多いです。おしゃれで小回りのきくミニベロも街乗り向きですが、せっかくはじめるなら、自転車ならではの走行性が楽しめるクロスバイクがおすすめです。

クロスバイクも各メーカーさまざまなタイプを出しているので選ぶのに迷いがち。街乗りを考えて、クロスバイク選びのポイントをまとめてみました。

フレームの形状は要チェック

快適な走行性は、車体が体にフィットしていることが前提です。良い車体を選んでも、自分の体に合っていないと漕ぎにくく疲れやすくなります。

また、選ぶ車体によってはファッションが限定されることもあります。クロスバイクは、トップチューブと呼ばれるフレームの上部が水平のタイプが多いです。特に女性で乗りやすさや安全性を考えると、スカートやワイドパンツよりはタイトなパンツスタイルになりそうです。

ハンドルまでの距離やハンドル自体の幅も、乗り姿勢に影響します。自分にあった車体を選ぶ、または各部品を調整して乗る必要があります。

変速ギアは必要?

自転車には変速機(変速ギア)と呼ばれる部品があります。切り替えることで漕ぎ具合を軽くしたり重くしたりできます。走り始めや坂道、向かい風が強い時などで軽くすると走行が楽になりますね。自転車の"走り"を楽しめるクロスバイクには、標準で付いていることが多いです。

しかし、平坦な道のりが多い街乗りの場合は、必ずしも変速ギアが必要ではなく、変速ギアをつけないメリットもあります。

  • 故障が少なくメンテナンスが楽
  • 見た目もすっきり
  • 車体が安くなる

自分の街乗りスタイルをイメージして、フィットするクロスバイクを選んでください。

おしゃれなクロスバイク

クロスバイクをおしゃれに乗りこなす

お気に入りの一台が決まったら、あとは街乗りを楽しむだけ。せっかく選んだお気に入りの自転車をファッションと合わせて、トータルコーデを楽しみたいですよね。

おしゃれを守りつつ、自転車走行に大切な安全性と快適性を考えてコーデを決める時に気をつけたいおしゃれファッションのポイントをまとめました。

汗だく...で残念にならないための対策

流行りのファッションでコーデして出発、到着するころには汗だくでドロドロ、乗り慣れていないと案外気が付きませんが、自転車に乗るのは相当な運動量で、思った以上に汗をかきます。着替えや汗拭きシートなどを準備してファッションを保ちたいですね。

裾汚れ、泥はね、思いがけない汚れ対策

チェーンのオイルが付着したり、走行中に泥や水が跳ねたり。自転車に乗っていると思わぬ汚れが避けられません。

応急処置をするだけで、シミの残り度合いは変わってきます。ハンカチか汚れ用の布類を1枚くらいは持っておき、気づいた時にすぐ拭いておくと安心です。車体に標準で泥除けが付いていない場合には、取り外しできる泥除けなどを活用して汚れを未然に防ぐのも一つです。

荷物が大変!とならないための機能的なバッグ選び

スポーツタイプの自転車はママチャリほど大きなカゴは付いていません。荷物が多い女性は特に、乗り始めてから不便さを感じてしまうことも多いです。

最近ではサイクリング用のおしゃれなバッグもたくさん出ています。さっと使うアイテム、メイク類など嵩張るアイテム、PCやタブレットなどの安全性を保ちたいアイテムなど、入れ分けて使える機能的なバッグを探して、コーデにフィットさせてみては?

街乗りにおすすめなクロスバイク。初心者にもはじめやすい乗り心地です。

自分にあった一台を探して、おしゃれな自転車のある生活を楽しんでみてください。

おしゃれな自転車をデザインしよう

∧ トップ