自転車を段ボールで作ろうとする猛者たち

自転車を段ボールで作ろうとする猛者たち

自転車を段ボールで作れれば、世界に1台だけのオリジナル自転車を、かなりの低コストで所有できることになります。

例えば日本の香川県東かがわ市は、段ボールの隠れた名産地。その他、ものづくりの優秀な技術者の手にかかれば…。過去に挑戦した猛者たちを一部、紹介します。

段ボール自転車の自作はいばら道

もちろん、簡単ではありません。ギア・チェーンなどの機構部分は金属にするとしても、人ひとりが乗っかるフレームを、段ボールで作ることはできるのでしょうか。

「ムリ無理!」「段ボールは自転車を作る材料じゃなくて、通販で買うときに入れる箱でしょ」。

自転車と段ボール

そんな声がどこからか聞こえてきそうですが、なんと、段ボールで自転車を作る試みがいくつか、日本でされています。

広島大学のPaper-Bicycle Project

名産地の香川県から瀬戸内海を挟んだ広島大学の研究室では研究課題として、厚紙と紙パイプを主原料に自転車制作を採用した実績があります。

材料がもろいために設計の正しさが求められます。

日本設計工学会が高校生に

日本設計工学会が高校生に課したイベント賞では、紙製自転車の制作がテーマに選ばれたことが2001年にありました

例えば東京都立葛西工業高等学校のグループは「ダンボールの4輪自転車」をテーマに、設計賞を受賞しました。

イスラエルのイザール・ガフニ氏

こちらはイスラエル。制作費9ドルの段ボール2輪自転車を制作し、ビジネスに結びつけようとしたのがイザール・ガフニ氏

自転車を愛し、不可能を覆し、環境に貢献する。

2014年にはこの段ボール自転車で日本に訪れ、富士山をバックに写真を撮影しています。

段ボールとは思えない、自転車のしっかりした見た目ですね!

段ボール自転車は作れるのか

YouTubeやYahoo!知恵袋などを見ると、段ボール自転車を作りたい・作ろうとした人の情報がいくつか見られます。

当然、難しい。でも不可能ではない。挑戦しがいがある。

Webで色をカスタマイズできるCocci Pedaleとして、仰ぎ見て身の引き締まる開拓者スピリットです。

∧ トップ