自転車のブレーキの効きが悪くなってきたら

自転車 ブレーキ 効かない

自転車に乗っているとブレーキの効きは徐々にですが悪くなってくることがあります。原因はブレーキシュー、ブレーキ、ブレーキレバー、リム、ワイヤーの何れかにあります。

原因を探るためには簡単なところから一つずつ解決していきましょう。

自転車 ブレーキシュー 溝

ブレーキシュー溝

まずブレーキシューの溝が無くなっていないか確認してみて下さい。溝がなくなるとブレーキが効かなくなり、事故の原因となりますのでちゃんとチェックしましょう。溝が無くなっている場合は必ず交換して下さい。

自転車 ブレーキ オイル差し 自転車 ブレーキ オイル差し

自転車 ブレーキ オイル差し 自転車 ブレーキ オイル差し

ブレーキへのオイル注し

ブレーキ各部にゴミが入っていたり、錆ついたりしてしまうとブレーキの動作が悪くなり、結果としてブレーキの効きが悪化します。そのため、必ず以下の写真のように定期的にオイルを注しましょう。自転車用のオイルが理想的ですが、ホームセンターなどでご購入頂けるものでもお使い頂けます。

自転車 ブレーキレバー オイル差し

ブレーキレバーへのオイル注し

ブレーキはレバーを握って初めて効くものです。そのため、ブレーキレバーの動作が円滑に行えるよう、ブレーキレバーにもオイルを注しておきましょう。

自転車 ブレーキワイヤー 調整

ブレーキワイヤーの調整

ブレーキワイヤーは使用するにつれて徐々に伸びてきます。ブレーキレバーの黒い回転つまみを反時計回しに回すことでブレーキワイヤーを締めることができますので、ワイヤーに触ってみてタルミを感じる場合は締めましょう。

自転車 リム 掃除 メンテナンス

リムの掃除

自転車に乗っているとリムのブレーキシューが当たる部分にゴミやブレーキシューのゴムカスなどが堆積していきます。ホームセンターなどで売っているパーツクリーナーなどを使い、リムを掃除しましょう。

 

ブレーキシュー表面の清掃

リムと同様、ブレーキシューの表面にもゴミや金属カスが堆積していきます。まずはブレーキノズルを開き、六角を使ってブレーキシューを外します。ブレーキシューが外れたら、シューの表面をパーツクリーナーなどで拭きとって下さい。(ゴムなのでシンナー類は使わいないこと)

自転車 ブレーキノズル 閉じる 自転車 ブレーキノズル 開く

(左:ブレーキノズルが閉じている状態、右:開いている状態)

自転車 ブレーキシュー 取り外し 自転車 ブレーキシュー 金属カス

(左:ブレーキシューの取り外し、右:金属カスなどが付いている状態)

自転車 リム ヤスリ メンテナンス

リムの軽いヤスリ

上記でどうしてもブレーキの効きが向上しない場合はリムの溝がゴムやゴミなどで埋まっている可能性があります。その場合は、150〜180番程度の粗目のヤスリを使いブレーキシューが当たる部分を軽くやすってみましょう。やすった後には細かな金属片が残っているので綺麗に拭きとった上でブレーキを使ってみて下さい。

上記を行ってもブレーキの効きが良くならない場合は一度お近くの自転車店にてプロに整備してもらいましょう!安全なライドライフを!

おしゃれな自転車をデザイン

∧ トップ