カメラマン中田敬太がおしゃれ自転車のCocci Pedaleを選んだ理由

自転車 Cocci Pedale おしゃれ カメラマン フォトグラファー

本日はお忙しい中お時間を頂きありがとうございます。

多くのファッション誌やCDジャケットなどでカメラマンとしてご活躍の中田さんですが、簡単に自己紹介をお願いできますか?

中田:もともとアメリカで映像の専門学校を卒業し、アメリカでフリーのカメラマンとして活動していました。その後帰国し、東方神起、MINMI、家入レオ、AAA、などアーティストのジャケット写真やファッション誌の撮影をメインに行っています。

中田さんには約10ヶ月前にCocci Pedale Solidoをご購入頂きましたが乗り心地はいかがですか?

中田:最初のうちはちょっとお尻が痛くなったんですが、慣れたらスイスイ進むので乗り心地はめちゃくちゃ良いと思います。特に都内での街乗りは車などと比べると断然早いと思います。

何故Solidoを選ばれたのでしょうか。

中田:もともと溶接焼けなどが見えるインダストリアルなデザインが好きなので、一目見て気に入ってしまいました。あとリムのナイトパープルの色味がとてもカッコ良くて好きですね。他に滅多に見ない色味なので味が出て良い感じだと思います。

中田さんは日本だけに留まらず海外での撮影や育児もこなす多忙な毎日だとは思うのですが、自転車はどういった時にお使いですか?

中田:主に子供と自転車を一緒に乗るときと、都内の打ち合わせの際に使っています。ママチャリ以外乗ったことが無かったんですが、速いし健康にも良いので活躍していますよ。普段は車移動が多いので気分的にもリフレッシュされます。

自転車とカメラを持ってお出かけしたい、そんなお客様も多いのですが自転車を被写体にした時の上手に撮るコツなどあれば教えてください。

中田:自転車を引き立たせたい場合には望遠レンズを用いて背景をぼかして自転車だけに焦点が合っている構図を作ると格好良く撮れると思いますね。抜け感の無い街中でもおしゃれな感じが出ると思います。

動いている被写体を撮るのは比較的難しいので、乗っているところを撮るには何回かトライしてみて丁度良いカメラ位置を探すと良いと思います。

カメラマンを目指す方に何かアドバイスがあれば是非教えてください。

中田:近頃はカメラも手頃になってきましたし、Photoshopで比較的どうにでもなってしまう事が多いんです。そんな中で今後カメラマンに求められるのはコミュニケーション能力だと思います。特にアーティストを撮る際には被写体の表情を柔らかくしないと中々良い表情が撮れなかったりします。これからはただ撮れば良いだけでなく、相手の気持ちをほぐしてあげられる人が重要になると思います。

後は基本的なところですが、芸術としての写真ではなく、商業的な写真を撮る際には雑誌であればページの構図を考えて、文字を挿入しやすい構図で撮ってあげたり、最終的なプロダクトを考えて撮影することが大事だと思います。

今後Cocci Pedaleに期待することはありますか?

中田:育児をしているせいか、電動自転車に乗る機会もあるんですが、これがすっごいダサい。ママも毎日の送り迎えにテンションが上がるようなモデルがあると良いと思いますね。そうしたら家族3人で日曜日を楽しめるような気がします。

これからも素敵な写真を期待しています!本日はありがとうございました。

Keita Nakada

1981年生まれ。LAで映像系の学校を卒業し2003年よりハリウッドでフリーランスディレクターとして活動。2009年の帰国後ファッション誌やアーティストのジャケット撮影などに活動の幅を広げ現在に至る。(↓は中田氏の写真)

HP:http://keitanakada.com

下記↓バナーよりおしゃれ自転車Cocci Pedaleのデザインが楽しめます。クリックお願い致します。

おしゃれ自転車おしゃれ自転車おしゃれ自転車

 

∧ トップ