おすすめの自転車ラック(DIY)をご紹介!

おしゃれな自転車ラックをDIY

自転車を室内保管したいけどスペースが無い・・・。直置きすると床の汚れが気になる・・・。そんなお声をちょくちょく頂くようになりました。全ての部屋にぴったりの自転車置きを作ることは難しいのですが、今回はCocci Pedaleスタッフが自宅用にDIYしたおしゃれな自転車置きをご紹介させて頂きます。

材料は全部ホームセンターで調達

この自転車置きの材料は自転車2台分で何と全部で約7000円。全てホームセンターで揃うものばかりです。

1)OSBボード 90cm x 180cm 2枚

2)スギ材 3cm x 4cm x 400cm x 2本

3)ゴムシート 50cm x 30cm

4)「コの字」ヒンジ x 2個

5)L字金具

6)ビス(55mm x 20本程度、40mm x 20本程度、15mm x 20本程度)

工具はメジャー、ノコギリ、インパクトドライバーのみなのでDIYハードルも低めです。半日〜1日程度の時間がある方にはオススメです。

土台と背板にスギ材で背骨を入れてやり、L字と斜めに切ったOSBボードで両サイドを固定。その後自転車サイズに合わせて土台にはスギ材の余りで後輪止めを、背板にはコの字金具を取り付け前輪止めを取り付けます。(前輪止めにはゴムロールを巻いてあげるとリムが傷つかずに固定できます)最後に屋内の壁や床を傷つけないよう、土台と背板にゴムシートを貼り付けて完成です。

ノコギリの代わりに電動ノコギリを持っていれば半日で作れてしまう簡単DIYです。2人で作業すれば半日かからずできてしまうかも知れません。

自転車ラックとCocci Pedale

室内用自転車ラック

DIYの魅力はサイズ調整

今回ご紹介した自転車ラックのサイズは92cm x 71cm x 180cmです。接地面積は2台で0.65m2とかなり小さい面積で2台を止めています。通常2台を横に並べて置くと170cm x 80cm(1.36m2)ほどが必要になるので半分以下の面積で済んでいることになりますね。部屋のサイズ、置ける場所によってサイズは異なってきますが、DIYの醍醐味はやはり部屋にぴったりのものが作れるところにあります。

Cocci PedaleスタッフはDIY好きが多い為、日常的に色々なものを作っていますが、普段DIYをされない方も一つ作ってみるとその楽しさを味わっていただけるかと思います。工具さえ持っていれば安く済むのも魅力ですよ。

おすすめのDIY自転車ラック

ちなみに、写真の自転車ラックのロゴはカッティングシートとラッカースプレーを使って形どっています。

スタッフが作ったものは室内用ですが、応用して屋根とビニール扉を付けてあげれば屋外でも大事な自転車が濡れずに済むようになります。

 

おしゃれな自転車をデザイン

∧ トップ