Cocci Pedaleがチャレンジする人への応援ムービーを企画

「美容師がメーカーを始められるものか」「工場を作るのに金はどうすんの」

まだ工場もなく、お金も借りられるかどうかわからない。仲間の給料だって支払えそうにない。設備はおろか図面すら描いたこともない。そんな中、10年間続けた美容師から、自転車メーカーを設立した男のストーリー。

自転車が好きで、その楽しさ、美しさをもっと多くの人に感じて欲しかった。スピードを競うことだけが自転車の楽しみじゃない。街中で、旅先で、どんな場所でも気持ちいい風を受けながら日常のしがらみから解放される、そんな場所を感じて欲しかったから。本当に愛せる自分の相棒を見つけて欲しかったから。

関東中を探して見つけた神奈川の工場。ボロボロの外観、ただ広いだけで何もない屋内。木材パレットを分解して棚や作業台を作り、剥がれかけていた塗装を塗り直し、生産機械を次々設置。塗料メーカー、自転車店主、設計師、自転車部品メーカー、材木屋、金融機関、そして多くのボランティアが助けてくれた。氷点下の中、真夜中まで作業を続けようやく完成した工場。初めて工場に自転車部品が150台分収められた時には涙が出た。エンジニア、デザイナーと何十回もの打ち合わせを繰り返し完成したサイトは世界で一番イケていると思う。

最初の1台目の予約が入った時、嬉しすぎてその画面から目が離せなかった。

最初4人だった仲間も徐々に増え、自転車やサイトにも多くの改良が加えられてきた。今でもまだまだ足りない部分が多く、やりたいことも増えてきている。自分の想いが少しずつ形になっていくことほど楽しいものはないと思う。今後もお客様のためにチャレンジし続けるメーカーでありたいと思う。

現状に満足していないひと、何かを変えたいと思っているひと、「美容師が自転車メーカーを作れるんだったら私にもできる」と思ってもらえたら非常に嬉しく思う。僕がチャレンジしている最中に応援してもらったように、僕もチャレンジする人を応援していきたい。チャレンジが世界を変えていくと信じている。

以下はささやかながら現時点で僕ができる恩返し。

恩返し:お好きなデザインのCocci Pedaleをプレゼントさせて頂きます。

対象:何かにチャレンジしようとしている人若干名(多数の場合は抽選)

応募方法:300字以内でチャレンジの内容をまとめ、以下アドレスへお送り下さい。

contact@cocci.co

応募条件:Cocci Pedaleのブログ内で写真などを含めチャレンジ内容を紹介させて頂けること。年齢、性別、チャレンジ内容に制限はありません。

応募期間:2016年12月10日〜2017年1月20日

結果発表:2017年1月30日頃

応募方法:メールに以下内容を記載のこと

ちなみに今では美容師に戻るのは妻の髪を切る時くらい。クリエイティブな感覚に戻れる時間のひとつで大切にしています。

おしゃれな自転車をデザイン

 

∧ トップ