おしゃれ自転車を極めるならハンドルも4種類から選びたい

自転車ハンドルの種類について

Cocci Pedaleではカラーリングの自由だけでなく、ハンドルも4種類から選ぶことができます。ハンドル種によって乗り心地だけでなく、見た目の印象も大きく変わってきます。こちらからハンドルのシミュレーションをしてみると欲しいハンドルが見つかるかもしれません。

幅が広めのノーマルハンドルで安定感のある乗り心地にしたい、ドロップハンドルで前傾姿勢になれる自転車にしたい、などそれぞれ特徴に合ったものをお選び頂ければと思います。

*写真をクリックすると同じデザインをベースにWeb上でカスタム可能です。


1)ノーマル(ライズアップ)ハンドル

2)ブルホーンハンドル

3)ドロップハンドル

4)ワイドアップハンドル


1)ノーマル(ライズアップ)ハンドル

ノーマルハンドルは一般的なシティサイクルに良く使われているハンドルです。ハンドル中央部(ステムとの接合部)が下がっており、両サイドのグリップ部分が上がっているため、姿勢が前傾姿勢になり過ぎず、安定した運転が可能です。タイヤの細い自転車に乗り慣れていない方はノーマルハンドルから始めてみるのも良いと思います。女性に一番人気なのがこのタイプのハンドルです。

2)ブルホーンハンドル

ブルホーンハンドルは後述するドロップハンドルから派生して開発されたハンドルです。ドロップハンドルを反対にして先端のカーブ部分を切り取ったのが始まりと言われています。主にタイムトライアルやトライアスロンで使われることの多いハンドルタイプです。普段乗りする際にはグリップの付いた中央部を握って頂き、少しスピードを出したい時に両先端部を握ることで姿勢を低くし、空気抵抗を減らした運転が可能です。Cocci Pedaleで一番人気のハンドルが、このブルホーンハンドルです。特に男性から圧倒的な支持を得ています。ドロップほどはスポーティな見た目は必要ないけども、ノーマルハンドルじゃ物足りない、そんな方におすすめです。

3)ドロップハンドル

ドロップハンドルは多くのスポーツサイクルで用いられているハンドルタイプです。ブルホーンハンドルと同様、持つ位置によって走行姿勢を変えることが出来る為、普段よりスピードの増減などが多い方にお勧めです。中央部にあるグリップを握り、正面から見た際に一番細く見えるのも特徴です。見た目的にもスポーティ&スマートになり、自転車の楽しさを味わえるハンドル形状です。

4)ワイドアップハンドル

ワイドアップハンドルは主にビーチクルーザーやクラシックバイクに用いられるカジュアルなハンドルです。他のハンドルとは異なり、前傾姿勢にならないため、首、肩、への負担が少なくなります。配色によってクラシックな見た目、ビーチタウンに合う見た目など印象を大きく変えることが出来る為、乗っている姿を想像しながら配色して頂けると面白いハンドルです。クラシックな配色であればスーツも似合うはず!?

いかがでしょうか。ハンドル一つでも自転車の乗り方や楽しみ方が大きく変わってきますので色々考えながらデザイン頂けると幸いです。

 

↓↓↓下のバナーから自分だけのオリジナル自転車を簡単カスタム頂けます↓↓↓

おしゃれな自転車をデザイン

∧ トップ