男女別カラーリング

おしゃれ自転車のカラーチョイスに見る男女の傾向

Cocci Pedaleのフレームは14色から選ぶことができますが、性別によって人気色の傾向がちょっと異なります。

男性が選ぶ自転車カラーのグラフ女性が選ぶ自転車カラーのグラフ

全文を表示する

Cocci Pedaleがおすすめするおしゃれな自転車アクセサリー

Cocci Pedaleでは日本では余り流通していないもの、デザイン性、ファッション性が高いアイテムを世界中から取り寄せ、試した上でおすすめできるものだけを販売しています。自転車アクセサリーメーカー以外にもプロダクトデザイナー商品など今後も色々とご用意して参りますので是非一度チェックしてみて下さい。

全文を表示する

自転車 ライト ベル カギ

自転車に乗る際の意外と大切なチェックポイント

<チェックポイント「付属品」>

1)ライト

無灯火の自転車は周囲の歩行者や自転車、自動車から認識しづらく、本人が思う以上に危険です。法律でも定められており、近年では自転車ライトの点灯は常識として認識されつつありますが、夜間走行される場合には必ずライトを点灯下さい。

全文を表示する


組立前の自転車

Cocci Pedaleの自転車を組み立てる時のチェックポイント

Cocci Pedaleの自転車は、可能な限り完成品に近い形でお届けしていますが、配送の都合上、前輪やハンドル、ペダルなどを外した状態でお届けしております。(工場での引き渡しの場合は、完成品でお渡ししております。)

本来であれば、自転車店など専門家の方に組み立ててもらうのがベストなのですが、ご自身で組み立てられる場合に注意して頂きたいポイントを紹介します。(それでも、組み立て後に専門家にチェックしてもらう様お願いします。)

全文を表示する


クッションの入った自転車サドル

クロスバイクのサドルはなぜ固いか

初めてロードバイクやクロスバイクに乗られる方から「サドルが固い」というご意見を良く耳にします。Cocci Pedaleも基本的なサドルの構造はロードバイクやクロスバイクと同じものを採用しておりますので固く感じられる場合があります。

 

諸説ありますが、以下がサドル硬さの主な理由となります。

全文を表示する


おしゃれ 自転車 クロスバイク

Cocci Pedale の自転車はピスト?ロード?クロス?

街中で見かけるおしゃれな自転車、知識が無いと中々自転車を見分けることができないものです。固定ギアを採用しているピストバイク、競技用として使われているロードバイク、マウンテンバイクとロードバイクの合いの子として街乗り用に開発されたクロスバイク、Cocci Pedaleは一体どこに区分されるのでしょうか。

全文を表示する


Cocci Pedale採用のギアハブ

改めて知っておきたいギアの歴史

Cocci Pedale(コッチペダーレ)ではSturmey-Archer(スターメーアーチャー)製の内装3段ギアをオプションとして取りそろえております。

イギリス生まれのこのブランドの歴史は古く、100年以上も続くブランドです。当時から完成された内蔵ギアシステム、技術、伝統は今もなおほぼ変わることなく生き続けています。

全文を表示する


KagelowとCocci代表の自転車談義

山梨県のホステルkagelowがCocci Pedaleを選んだ理由

この度、外国人向けホステルのオープンということでおめでとうございます。

kagelow代表)ありがとうございます。施設、サービス共に細部にまでこだわり、ここ富士の麓でジャパンクオリティを世界に発信していきたいと思っております。

全文を表示する


タイプの異なる自転車ハンドル

おしゃれな自転車選びをするユーザーに人気なハンドルとは

Cocci Pedale のハンドルはノーマル、ブルホーン、ドロップ、ワイドアップの4種類。ハンドルによってそれぞれ見た目も、乗り方も変わってくるのでライフスタイルに合わせてお選び頂いています。(ハンドルごとの特徴についてはこちら

Cocci Pedale で人気のハンドルはずばりブルホーンハンドル。約半数のCocci Owner様がブルホーンハンドルを選ばれています。お客様が選ぶハンドルの割合は次のようになってます。

全文を表示する


Cocci Pedale クロスバイク開発

設計がキモ!Cocci Pedale開発ストーリー2

Cocci Pedaleをベースに「おしゃれ」を楽しんで頂く為に、ベースの自転車設計は「邪魔なものを省く」、「線を綺麗に保つ」ことを念頭に取り掛かりました。

  1. 余分なもの
    自転車のラインを際立たせるため、フレームのラインを邪魔している「ブレーキ」や「配線を極力見えない存在にすることに拘りました。後輪ブレーキをクランク部へ配置し、ブレーキ&ギヤワイヤをダウンチューブに通すことで、後輪がすっきり見え、ワイヤ類が見えないシンプルなラインを成型致しました。

全文を表示する

∧ トップ