• ブログ

.section_page_header .backdround-image-inner { background-color: #ffffff; padding-top:80px; padding-bottom:0px; }

最強寒波がやってきてしまいました。 Cocci Pedaleの工房がある神奈川県秦野市も、0度を下回る最低気温を記録しました。 自転車にとっては、とてもとても辛い季節です。 出かける時も、公共交通機関や自動車で出かけがち。 しかし、寒い冬だからこそ、楽しめること、Cocci Pedaleの自転車のように、スピードを出さない自転車だからこその楽しみがあります。   さあ、早速目的地と出かける準備を始めてみましょう。   目的地 こんな寒いのに、どこへ行くの?と言う声が聞こえてきそうですが、冬に自転車で行く場所は意外とあります。代表例としては、こんなところでしょうか。   ・イルミネーション ・神社 ・温泉 ・食事(ラーメン、蕎麦、うどん等々)   暖房が使える自動車で行けば快適? いえいえ、自転車の速度だからこそ、周りを見ながら行けるではありませんか。 「目的地を」楽しむのも良いですが、「目的地まで」の過程、景色も楽しめるのが自転車です。 冷え切った体に温泉、冷え切った体にラーメン、染み渡りますよ。   経路のチェック 無計画にフラフラ走るのも自転車の楽しみの1つではありますが、今回は目的地を設定したいので、経路をチェックしましょう。 距離はどれぐらいですか?いきなり片道30km、40kmはその遥か手前で心が折れてしまいます。 片道5km、10kmぐらいを目安にしましょう。 ロードバイクだったら10kmなんて20分程度ですが、Cocci Pedaleの自転車は開発コンセプトが街乗り。スピードを競うような自転車ではありません。 個人差が大きい部分ですが、街乗りの速度というと大体12~15km/hぐらいでしょうか。 これを目安に走ると、平均時速で10km/h~12km/h程度です。 のんびり乗ると、片道10kmでも小一時間の距離。 遠くへ行くのも良いですが、のんびりと近場を走るのも楽しいものです。   外出準備 1.防寒対策 これは絶対に必要ですね。 寒さを我慢してこそオシャレ、という意見もありますが、グローブはしましょう。 オシャレ系の手袋でも良いと思いますが、やはり自転車用のウインターグローブの防寒性能は見過ごせません。 毛糸の手袋は意外と冷えます。 なぜグローブが必須かと言うと、やはり寒いから。 自転車でのんびり走っているだけでも、意外と走行風で手先が冷えます。 Cocci Pedaleのハンドル、ブレーキレバーはアルミなので、尚更よく冷えます。 手先が冷えるとハンドルの操作が遅れたり、ブレーキを握る力が弱くなってしまうので、その対策ですね。 上着はお気に入りでも大丈夫ですよ。   次のオススメはタイツです。 男性でも冬場はタイツを履いている方もいらっしゃると思いますが、厚手のものを履きましょう。 パンツの裾から冷気が入ってくるので、裾バンドもオススメです。...

もっと読む

ただいまの納期につきまして。   2023年1月27日現在の納期は... 通常配送(7分組み)、完成車発送、共にご注文から発送まで「7日」程度です。(銀行振込、コンビニ決済の場合は弊社でお振込を確認した日より起算) お急ぎ便(有料税込3,300円、5,500円)をご希望の方はご購入の前にご連絡くださいませ。 上記日数より早い出荷で製造致します。(数に限りがあります。現在ですと¥5,500のお急ぎ便のみとなります) ※年末年始の発送は配送業者様の輸送貨物が混み合い、間に合わない場合がありますので、ご了承ください。   【完成車発送をご希望の方へ】 下記の条件の全てに該当する場合、お知らせする納期よりも早くお届けが可能な場合があります。 ・通常配送より日数を要する場合(例:通常配送7日、完成車発送14日、のように分かれて掲載されている) ・祝日を除く火曜日〜金曜日の受け取りが可能 該当する場合、お急ぎ便とは別に、早い納期でお届けできる場合がありますのでご相談ください。この場合の納期は通常配送の納期となります。金曜日発送となる土曜日〜月曜日到着は荷物が集中しやすく、弊社の発送能力を超過する場合があるための措置となります。状況によっては到着希望日をご連絡頂いても、変更をお願いする場合があります。到着希望日は余裕を持ってご連絡ください。 ※完成車発送をご希望の場合で東京都内23区内への配送の場合、新型コロナウイルスの影響により日曜・祝日のお届け希望をお受けできかねます。 完成車発送は通常の配送方法と異なります。詳細はこちらをご確認ください。 ※通常配送は車体が完成次第、点検・梱包、発送となりますので、完成車発送より早くお手元に届きます。   ※webサイト未掲載の商品をご希望の方は下記のページをご確認ください。 各パーツ価格表 webサイト未掲載商品の購入方法   在庫切れ商品を含むご注文の場合、上記日数に関わらず入荷待ちとなります。 この場合は入荷後に改めて納期をお知らせ致します。    ご注文完了後、ご入力頂いたメールアドレスへ自動で注文確認メールが送信されます。 自転車をご注文の場合は弊社でご注文を確認後、弊社営業日に納期をご連絡差し上げておりますので、自転車のご注文後は2通のメールがお手元に届きます。 いずれのメールもお手元に届かない場合はご連絡をお願い致します。 ※自転車ご注文後にオプションを追加される場合、自転車のご注文内容を変更致しますので、下記にございますメールアドレスへご連絡をお願い致します。   パーツ・オプションのみの購入の場合、上記日数に関わらず土日祝日を除き3日以内に発送致します。(一部注文は注文内容確定から土日祝日を除く3日以内となります)こちらの場合、自動で注文確認メールが送信された後の納期のメールはお送り致しませんので、ご注意ください。   TEL 0120-995-917 MAIL contact@cocci.co ※土日・祝日、その他弊社休日と営業時間外に頂きましたお問い合わせは、翌営業日に順次ご返信を差し上げます。   なお、迷惑メール対策やドメイン指定受信等を設定している方は、弊社からのメールが迷惑メールに振り分けられてしまったり、受信できなかったりする場合があります。 迷惑メールフォルダの確認や、「@cocci.co」の除外設定をお願い致します。

もっと読む

年末年始は下記の通りの営業となります。 12/27(火) 通常営業 12/28(水)〜1/4(水) お休み 1/5(木) 通常営業 この期間中に頂きましたお問い合わせ等は1/4(火)より順次ご連絡を差し上げます。 また、パーツのみのご注文につきましても、12/28(火)の出荷が年内最終となります。 なお、完成車発送は下記の通りの出荷スケジュールとなります。   12/27(火) 年内最終出荷(12/29到着希望までと1/5到着希望分) 12/29(木) 年内の到着希望最終日 12/30(金)〜1/4(水) 到着指定不可 1/5(木) 到着指定のみ可 1/6(金)完成車の発送再開(1/7〜1/10到着希望分)   年内最終便(12/28〜12/29到着希望分)は地域により指定不可となる場合がございますので、お早めにお問い合わせください。 また、1/5(水)到着希望分は12/27(月)の出荷となりますので、ご注意ください。 ※上記期間外でも、配送業者様で荷物が集中してしまい、土日の到着希望がお受けできない場合があります。土日着希望の場合はお問い合わせをお願い致します。   ご不便をおかけして大変申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

もっと読む

早いもので、2022年も年末が迫って参りました。 年末と言えば、今年の分のふるさと納税の申し込み期限は12月31日までです。 ふるさと納税でCocci Pedaleの自転車をお得に買うなら、こちらを要チェックです。   さて、今年から秦野市だけでなく、山梨県富士吉田市へのふるさと納税でも返礼品でクーポンが貰えます。 また、これまでは「ふるなび」のみでしたが、「さとふる」、「ふるさとプレミアム」、「楽天ふるさと納税」と、ご利用頂けるサイトも3つ増えました。 ○○のアカウントは持ってないし、新しく作るのも面倒だからいいや、と思っていた方の中には、新たにアカウントを作らずにふるさと納税クーポンを入手できるようになった方もいらっしゃるかもしれません。   さて、1点だけご注意事項があります。(もちろん、他にも注意事項はありますが、今回は1点だけ) ふるさと納税で選べるCocci Pedaleの返礼品は「クーポン」です。 時々、「ふるさと納税返礼品の自転車がまだ届かない」とお問い合わせ頂くことがありますが、Cocci Pedaleの返礼品は自転車ではありません。 Cocci Pedaleの返礼品は「クーポン」です。(大事なことなので、つい2回書いてしまいました)   申し込んだwebサイトによって異なりますが、クーポンコードは佐川急便か日本郵便でのお届けとなります。 一部のwebサイトでは、申し込み時にご入力頂いたメールアドレスにもお送りしております。   ふるさと納税のクーポンコードは併用もできます。 カラーサンプルをお取り寄せ頂くと、更にお得になるので是非チェックしてくださいね。

もっと読む

乗車回数や距離にもよりますが、新車購入から1年ぐらい経つと、グリップテープの汚れが目立ってきます。 そのまま乗り続けても問題ありませんが、手に触れる部分なだけに、やはり綺麗な方が良いですよね。 今回はグリップテープを交換してみます。 必要な工具は六角レンチ(4〜6mm。トルクレンチ推奨)です。 Cocci Pedale純正のグリップテープの場合、ハンドルバーエンドコルクと巻き方の説明書が付属します。 今回は社外品のロードバイク用グリップテープにしてみましょう。 様々なメーカーから、様々なグリップテープが発売されているので、気に入った色や柄、材質のものを選んでくださいね。 今回はスタッフの私物の余っていたグリップテープを使っちゃいます。   まずは、車体からハンドルをステムごと外します。 ブレーキレバーをハンドルから取り外しましょう。 4mmもしくは5mmの六角レンチで外します。(製造時期によって異なる場合があります) ↑こちらは5mmの六角レンチ。 ↑こちらは4mmの六角レンチを使用します。ブレーキレバーの形に注意してください。 ネジは無くさないようにしてくださいね。 続いて、車体からステムを外しますが、内装3速ギア、内装5速ギアを装着している場合、シフトレバーのネジを緩めるのをお忘れなく。 シフトレバーは5mm、ステムのネジは6mmの六角レンチを使用します。 ハンドルとステムだけになりました。ハンドルとステムは外さなくて大丈夫です。 ここからは初めてだとちょっと難しいので、座って作業しましょう。 巻いてあるグリップテープを剥がします。 ステム側に透明のテープが巻いてあるので、これを剥がすとグリップテープも剥がせるようになりますが、巻き終わり・巻き始めに目印をつけておくと、ちょっと便利です。 グリップテープを剥がした後は、両面テープが残る場合もありますが、パーツクリーナーやジッポーオイルで簡単に剥がせます。 ハンドルが綺麗になったら、新しいグリップテープの用意をしましょう。 ロードバイク用のグリップテープは、ドロップハンドルの端から巻けるようになっており、2本入っています。 今回は元々巻いていた分と同じぐらいの幅にしたいので、使うのは1本だけ。思い切って半分に切ってください。後で長さは調整します。 ↑切る前の状態です。 ↑半分に切った後。 ハサミはこの後、また使うので、手元に置いておきましょう。 グリップテープにはエンドテープが付属しますが、今回はビニールテープで代用しちゃいます。 今回はグリップテープの裏に両面テープが貼ってあるタイプですが、両面テープがない場合もあります。 しかし、意外とズレないので、両面テープ無しでも大丈夫。 不安だったら、巻き始めにだけ貼ったり、ビニールテープで巻き始めを押さえてもOKです。 巻き始めの部分は斜めにカットしましょう。 Cocci Pedaleではジグを使っていますが、今回は使わずにやってみます。 グリップテープを巻く方向は、外から内側に向かって、ハンドルの下から前に向かって巻きます。 巻き終わりがハンドルの下に来た時、前向きで終わるように。 この画像だと、ハンドルは裏返しになっているので、見た目上は巻き終わりがハンドルの上で前向きになっています。 それでは、実際に巻いていきましょう。 Cocci Pedale純正よりも少し長いので、この点は少し工夫が必要ですが、長い分には後で調整できるので大丈夫です。 今回は純正より少し巻き幅を広くしたいので、ブルホーンハンドルの曲がっているところを巻き始めにします。 巻き始めの部分は、2周目、3周目の下になるように、ハンドルの外に向かって巻き始めるようなイメージです。 グリップテープを巻くコツは、少し引っ張りながら巻くこと。 グリップテープは意外と丈夫なので、簡単にはちぎれません。 巻き終わりに近づいてきたら、再びハサミの出番です。 まだ随分余っていると思いますが、これ以上は不要なので、1周分ぐらいだけ残して切っちゃいましょう。 切った後は、巻き終わり部分を斜めに切ります。 巻き終わり部分はグイッと引っ張りながら巻くと、巻き終わりが綺麗になります。...

もっと読む

過去のブログ記事の中から、デザインに悩んでいる方に向けた記事をまとめてみました。 デザインに悩んだら、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。   Cocci Pedaleのカラーデザインが自由すぎて迷う方へ   スタッフおすすめのデザインの決め方   専用の色があるフレームロゴ  

もっと読む

「少し飽きてきたし、ハンドルを変えよう」、と考える方もいらっしゃると思います。 今回は、ハンドル交換について、お話しようと思います。 ハンドル交換はハードルが高いようにも見受けられますが、Cocci Pedaleの場合は意外と簡単です。 まず、ハンドル交換に必要な部品は下記の通り。 ・ハンドル ・グリップテープ 必要に応じて... ・ステム ・ブレーキインナーワイヤー ・ブレーキアウターワイヤー 本来、ステムは必要ないのですが、グリップテープを自分で巻きたくない、という方は、一緒にご注文頂くと、ハンドル、ステム、グリップテープを組み立て済みで出荷致します。 ハンドルをステムに通してからでないと、グリップテープは巻けないので、ハンドルとグリップテープだけの場合は巻かずに出荷となります。 ブレーキインナーワイヤー、ブレーキアウターワイヤーは必要ない場合もあります。 必要ないケースは下記の通り。 ・ワイドアップハンドルからノーマル、ドロップ、ブルホーンに変更する場合 ・ノーマルハンドルからドロップ、ブルホーンに変更する場合 ・ドロップからブルホーンに変更する場合 ・ブルホーンからドロップに変更する場合 上記に該当しない場合、ワイヤーの長さが足りなくなるので、交換が必要となります。 もちろん、長さはピッタリが良い、という場合も交換がオススメです。 その他にも、前回交換から年数が経っている場合も、交換がオススメですね。 ハンドル、ステム、グリップテープ、ブレーキアウターワイヤーは、もちろん色を選べます。 ハンドルを交換するついで、あるいは、とりあえずグリップテープだけ変えてみる、というのも、楽しみの1つです。 色に悩んだら、デザイン画面で確認してみてくださいね。 番外として、Cocci Pedale以外のハンドルを取り付けたい場合も簡単にご紹介します。 少し検索すると、様々なメーカー、様々な規格のハンドルがあります。 例えば、同じブルホーンでもメーカーによって少し形が違う事もあります。 もし、違うメーカーのハンドルを付けたくなったら……。 ハンドル中央のクランプ径が25.4mm(25.2mmと表記している場合もあります)のハンドルをお選び頂くと、ステムはそのままで取り付けられます。 ハンドル形状によっては、ステムも交換する必要もあるのでご注意ください。 また、グリップ部の直径が異なる場合、Cocci Pedaleのグリップテープだと短くなります。 この場合は市販のロードバイク用グリップテープをご利用ください。 また、同様にCocci Pedaleのブレーキレバーはハンドル径22.2mm用なので、それより直径が大きいハンドルの場合は別途、ブレーキレバーを用意する必要もあります。 ハンドルを変えると、違う自転車に乗っているような感覚になります。 物によっては安いと言える値段ではなくなるので、次から次へと試すのは難しいですが、「ちょっと飽きたな」と思った時は、ハンドル交換も考えてみてくださいね。

もっと読む

ズボラさんには耳が痛い話題ですが、乗り物の宿命として、触れずにはいられないのがメンテナンス。 ノーメンテで乗れるものってないんですかね。 分かりますとも、「面倒臭い」、「分からない」、「やりたくない」。 仕事から疲れて帰ってきて、自転車なんて弄れるか!仰る通り。 休日は忙しい。買い物、家の掃除、友人との付き合い、疲れ切って寝ている。分かりますとも、Cocci Pedaleのスタッフだってそうなのですから。 自転車整備の時間なんてどこにあるんですか!そもそも、何をすればいいの!? 時間はどうにか作って頂く他にありませんが、何をすれば良いかは解説します! と言っても、最低限って言うと凄く簡単です。 1ヶ月のうち5分だけで良いので時間を作ってください。   1.タイヤの空気圧チェック 2.チェーンのオイル切れチェック 3.異音チェック 4.ネジの緩みチェック   それぞれ、どこを見れば良いか、どうすれば良いか解説します。   1.タイヤの空気圧 ゲージ付きの空気入れがあれば、タイヤ側面に記載の空気圧で入っているか確認してください。 Cocci Pedaleの自転車は米式バルブなので、米式対応の空気入れを使ってくださいね。 ゲージがない空気入れの場合、指で押して硬ければとりあえず大丈夫。 空気入れの買い替えはしたくない、と言う場合、空気圧ゲージを買うのも手です。 空気圧に問題なければ、1分でチェックは終わります。 ↑空気圧ゲージがあれば、タイヤ側面に記載されている適正空気圧まで確実に入れられます。   2.チェーンのオイル切れチェック 触りたくないでしょうが、チェーンに触れてオイルが残っているか確認してください。 どうしても嫌だったら、ティッシュ等でちょっと拭いてみて確認。 チェックせず、いきなり注油するのもアリです。 オイルを切らさないことが大事です。   3.異音チェック 車体をちょっと浮かせて、地面に落としてみてください。 ゴトンゴトン、と少し飛び跳ねるはず。この時、金属同士がぶつかるガチャガチャと言った音がしたら、どこかのネジが緩んでいるかもしれません。 チェーンのオイル切れでガチャガチャ鳴る場合もあるので、そちらもチェック。 ゴトンゴトン、と鳴るなら大丈夫。 飛び跳ねなければタイヤの空気圧不足かも。   4.ネジの緩みチェック 全てのネジを確認しろ、と言う話ではありません。(もちろん、全てのネジを確認した方が望ましいですが) 最低限中の最低限、と言うところで行くと、ブレーキレバーとブレーキです。 その理由はもちろん、何かあった時に止まれないと困るからです。 ハンドルに締め付けられているブレーキレバーは緩んでいませんか? ブレーキシューは緩んでいませんか? ブレーキレバーを強く握っても、ワイヤーは抜けませんか?   これらが問題なければ、半年~1年に1回程度、自転車店で点検して貰う程度で大丈夫です。 新車で買った自転車の場合、走行距離100kmぐらいを目安に、一度点検に出してください。...

もっと読む

暑い。暑い!アツイ!! 自転車に乗るどころか、外出すらもためらうような暑さ。 エアコンの効いた部屋で、コタツに入ってアイスを食べたくなりますね。 元々は倉庫だった場所を工房にしているCocci Pedaleの工房も、物凄く暑くなります。 修理の持ち込みや見学をお考えの方は、季節をずらしたり、近くの自転車店に依頼されるのがオススメです。   さて、今年も猛烈な暑さに見舞われてしまいそうですが、夏も自転車のシーズンです。 暑さに負けないように、と言うと大変なので、暑さを受け入れる楽しみ方を考えてみようと思います。   以前、ポタリングについて「自転車を使う散歩だよ」というご紹介しました。 今回もそれに近い形になります。 暑い季節の日中は熱中症のリスクも高いので、天気予報で35度付近、もしくはそれを超える予報が出ていたら、日中の自転車はやめましょう。 日が傾いてくる夕方5時ぐらいからが自転車向きの時間帯です。 もちろん、ライトは忘れずに点灯させましょう。 その他にも、走る場所によっては虫除けスプレーやかゆみ止めもあると安心かもしれません。   日中に乗ることの方が多い方にとって、夕方~夜の自転車は新鮮に感じられると思います。 もちろん、自動車やオートバイと同様、視界が悪くなるので、日中よりも気をつけて乗ってくださいね。 風で目が乾燥するのが嫌で、日中はサングラスをしていると言う方もいらっしゃると思います。 夕方~夜のサングラスはNGです。でも、目が乾燥するのは嫌ですよね? スポーツ用のサングラスだと、レンズを交換できるものがあります。 色の付いていないレンズが用意されているサングラスもあるので、それを使いましょう。 眼鏡の方はもう少し困りますよね? オーバーグラスという手もありますが、シールド付きヘルメットと言う選択肢もあります。 色付きもあれば、透明のシールドもあるので、そちらもご検討ください。 もちろん、眼鏡は使わない、と言う方にもおすすめです。(安全かつ快適の一石二鳥です)   さて、Cocci Pedaleは自転車メーカーなので、夏と言えば自転車なのですが……。 一般的には、やはりまずはアイスキャンディーやかき氷。 きっと、近くの喫茶店のメニューにもあるはずです。 昼間のかき氷も良いですが、夜のかき氷も良いですよね。   ドドンと派手な音が聞こえて来ましたか? そうです、花火大会だって夏の名物です。(実は、冬の花火の方が綺麗に見えるのですが……!) 自転車なら、少し遠くの会場でも行く事ができます。 何より、徒歩より速いので、会場から少し離れた良い場所も探しやすい。 もちろん、人通りの多い場所は押して歩きましょう。   ビアガーデンを見つけてしまいましたか? 暑い日はビールが美味い、分かります。(生憎、筆者はアルコールがダメなのですが) しかし、ちょっと待ってください。 自宅までどれぐらいの距離ですか?歩いて帰れますか? 自転車も酒酔い運転はNGです。 酔っ払ってないから大丈夫……、と言う問題ではありません。 お酒を飲むなら自転車に乗らない、飲みたいなら家に着いてから。 もちろん、日中より涼しいとは言え、夏の夜はやはり暑いので、水分補給も忘れずに。(お酒では水分補給になりませんよ!)   楽しく安全に、夏を自転車で楽しみましょう。

もっと読む
お気に入りに追加されました。
お気に入り
商品がカートに追加されました。
カートに戻る

キーワードを入力してください