ついつい後回しにしてしまいがちなタイヤ交換。
Cocci Pedaleの工場にある自転車のタイヤに交換のサインが出ていましたのでご紹介します。

初めに、まだパンクはしないけど、近いうちに絶対パンクするよ、というサインがこちら。

見ての通り、タイヤが部分的に膨らんでいます。
溝は十分にありますが、これはもう交換しましょう。
もう少しダメージが進行すると、乗車中に突然パンクすることも。
速度を出していなければパンク即転倒とはなりませんが、爆発したような凄い音がしてびっくりするので、早く交換しましょう。
パンクしたまま乗車するのは、ホイールにもダメージが入ってしまいます。

続いてはこちら。この状態は危険なパターンです。

見ての通り、もう溝がありません。これは即交換です。
スリックタイヤだって溝がないんだし、逆にグリップしそう、なんて事はありません。
溝があるタイヤの場合はむしろ、滑りやすく危険になるので、交換に行く場合も乗車せずに押して行った方が安全です。

タイヤによっては、スリップサインがあるものもあるので、スリップサインがあるタイヤはそちらもチェックしてください。
そんなに長い距離を乗ってないから……と油断していると、タイヤの寿命を迎えている事があります。

自分でタイヤ交換をしたい……という方はこちらをチェックしてみてくださいね。(リアタイヤの脱着はこちらをチェックしてくださいね)

月に1度はタイヤのチェックをお忘れなく!

記事をシェアする

ペダーレ コッチ