Cocci Pedaleの金属パーツは14色+特別仕様色。
フレームロゴも同様に全14色が用意されていますが、ロゴには専用色が設定されている色もあるのでご紹介します。

ロゴに専用色が使用されるケースは2種類。
1つ目はフレームと同じ色を設定した場合。
ご想像の通り、ロゴとフレームが全く同じ色の場合、ロゴが分からなくなってしまいます。

そのため、フレームと同色を設定した場合、パールが入っていない塗料を使っています。
赤いフレームに赤いロゴ、という場合だけ、ロゴが艶ありになります。

↑同色なので写真だと分かりにくいですが、赤フレームに赤ロゴの場合は艶ありです。


↑フレームが他の色の場合は通常の艶なしパール入りの赤。

ロゴが見えにくいだけじゃ足りない、ロゴはない方が良い!という場合も対応可能ですので、ご相談ください。(ロゴなしでも割引はありません。すいません!)

また、14色のうち、4色はロゴ専用の色が設定されています。
その色はゴールド、シルバー、パープル、グリーンの4色。

ロゴもフレームやリムと同じ塗料を使っていますが、この4色はそれらと同じ色にしてしまうと、塗装範囲が狭すぎるため、違う色に見えてしまう色です。
この4色を設定した場合はフレームの色に関わらず、必ず専用の色になります。
黒いフレーム、ゴールドのロゴにすると、自動車レース好きなら思わず反応してしまいそうな雰囲気になりますよ。


他のメーカーと違い、ロゴはフレームの一箇所だけ。
ワンポイントのアクセントに、他のパーツには使っていない色を選ぶのもおすすめです。
ロゴもデザインの一部なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

記事をシェアする

ペダーレ コッチ