今回はちょっと捻った感じのテーマです。

自転車が趣味です、と言うと、ロードバイクやマウンテンバイクを連想する方が多いはず。

レースに出たり、自転車でツーリングに行ったり。

より速く、あるいは、より遠くへ。

しかし、それが全てではないと言う事を今回はお伝えしたいと思います。

 

趣味、自転車。好きなメーカー、特になし。

これでも良いんです。

例えば、Cocci Pedaleの自転車はレースで勝つための自転車ではないし、より遠くへ行くための自転車でもありません。

のんびり風を感じながら、近場を走るのが好き、と言うのだって良いんです。

 

サイクリングロードを颯爽と走るロードバイクは珍しい光景ではありません。

遅くても25km/h30km/h、出せるならもっと出して、とにかく速く走る。

しかし、それが楽しくない、と感じる方もいらっしゃるはず。(筆者がそうでした)

そんな方は、乗り方、走り方を変えてみてください。

ロードバイクに乗るためにウェアも揃えた?一旦置いておきましょう。普段着で良いんです。

ペダルだってビンディングをやめて、フラットペダルにして、お気に入りの靴を履いてください。

ハンドルの位置を下げている方は少し上げてみてください。

前傾姿勢が緩くなるので、少し乗りやすくなるはず。

財布にスマホ、写真を撮るのが好きなら、カメラを持っても良いですね。

自転車に乗るにあたって、邪魔にならないバッグに入れたら出発です。

自転車を漕ぎだしたら、「自分にとって」気持ち良い速度で、周りの景色を楽しみながら。(もちろん、よそ見運転にならないよう、安全第一ですよ!)

気になるお店がありましたか?立ち寄ってみましょう。

 

イギリス英語の「putter」が語源の「ポタリング」と言うジャンルです。

自転車を使う散歩というニュアンスなので、何キロ走らなければいけない、と言うこともありません。

強いて言うなら、走っても30km「まで」でしょうか。

もちろん、目的地を決めて走るのもOKです。逆に、もっと走っても構いませんよ?

いずれの場合も、「自分にとって気持ち良い速度」で走るようにしましょう。

雑な言い方をすれば、「ゆるっと、テキトーに」、です。

目安としては、鼻歌交じりに走れるぐらいの速度です。

 

Cocci Pedaleの自転車はそんなポタリング向きの自転車でもあります。

ギアがない、あっても段数が少ないので、「頑張って乗っても仕方ないし」と、最初からあまりスピードを出すことに拘りません。

 

これから夏に向けて暑くなってきます。

日焼け対策や熱中症対策も忘れずに。

「ゆるっと」自転車を楽しんでみてください。

記事をシェアする

ペダーレ コッチ