• ブログ

.section_page_header .backdround-image-inner { background-color: #ffffff; padding-top:80px; padding-bottom:0px; }

神奈川県秦野市の工房で、塗装から出荷まで行なっているCocci Pedale。 今回は自転車が出来上がるまでをご紹介します。   1.塗装 Cocci Pedaleの自転車は粉体塗料で塗装されています。 塗料と言われて思い浮かぶ液体ではありません。 液体ではないので、溶剤も使わないのが特徴です。 注文ごとに1台分ずつ塗装していきます。   2.小物組み 塗装が終わった部品の組み立ては大きく分けて3つに分かれて行われます。 ブレーキ、ブレーキレバー、ハンドル、クランクの組み立てがこの「小物組み」。 色の間違いがないか、ハンドルに間違いがないか、もちろん確認しますよ。    3.ホイール組み 自転車の部品の中で、最も組み立てのハードルが高いのがホイールでしょうか。 しかし、もちろんホイールも工房で組み立てます。 日常的にホイールを組むCocci Pedaleでは、このホイール組みに機械を導入しています。(国内では珍しいんですよ) シングルか内装ギアか、前後で色は違うか、そもそも間違っていないか、タイヤの色は何色か。 意外と確認するところが多い場所です。   4.サドル組み 布地の色とロゴの色、組み合わせは200通りぐらいでしょうか? それだけの在庫を用意することは出来ないので、サドルも工房で組み立てます。 布地を切り出し、ロゴを入れたら、布地をサドルにタッカーという工具を使って打ち込んで行きます。   5.完成車組み さあ、いよいよ自転車になって行きます。 専用工具の出番が多いのもここです。 組み上がったら、ローラー台で試乗し、異常がないかを確認。 異常があれば、原因を探して直します。   6.出荷 お待たせしました。いよいよ発送です。 輸送中に傷が入らないよう、しっかり梱包して行きます。 出荷後はメールでお知らせしています。 最短で出荷の翌日にお手元に届きますので、もう少しだけお待ちください。   ご注文から出荷までの全6ステップ、ザックリとですが、ご紹介しました。 納期は受注状況によって大きく変わりますので、こちらのページでチェックしてくださいね。

もっと読む

あまり触れたくないけど、触れなければならない話題というのはあります。 今回は災害と自転車をテーマに、少し考えてみましょう。   東日本大震災が記憶に焼き付いて離れない、という方も少なくないと思います。 何時間もかけて会社から自宅まで歩いて帰った、という方もいれば、たまたま会社の近くに自転車店があったから、その場で買って乗って帰ったという方も。 あるいは、運良くタクシーを拾えた、諦めて会社で寝泊まりした、駅で一晩明かした、という方も。 自転車通勤しているから交通機関が止まっても大丈夫? 果たして、そうでしょうか?   最初に元も子もないような事を言ってしまうと、Cocci Pedaleの自転車は災害時には不向きです。 軽いし、ロードバイクほどではないけどスピードを出すこともできるし、そこそこの距離も乗れるんじゃないの?と思いがちですが、ロードバイクも同様に災害には不向きな自転車です。 理由はタイヤにあります。 東日本大震災の都心では、大きな揺れがあったものの、目立った損害はなかったように思います。(筆者は当時、東京の外れの方に住んでいました) その点では無しではないのですが、もし道路にガラスが散乱している、アスファルトがヒビだらけ、そんな状況だったら? ノーパンク化されていれば、散乱しているガラスはあまり問題ありません。 それでも、Cocci Pedaleの細いタイヤにヒビだらけのアスファルトは怪我の原因になり得るもの。 散乱しているガラスも、パンクはしなくても危険です。   よろしい、ならば太いタイヤだ。 残念ながら、Cocci Pedaleの自転車は28cまでのタイヤしか入りません。 災害に強い自転車を考えると、どんな悪路でも走れるような、もっと太いタイヤが必要です。 結論から言うと、マウンテンバイクが理想的と言えるでしょう。 太くブロックパターンのあるタイヤ、頑丈なフレーム。 多少のガラスの破片なら、タイヤを貫通することなく、難なく踏み越えて行けるでしょう。 アスファルトがひび割れていても、マウンテンバイクのタイヤなら渡れるはず。 欠点があるとすれば、そのブロックパターンのあるタイヤのお陰で、普段の乗り心地が悪い事でしょうか……。   いずれにしても、パンクのリスクはつきまといます。 逆に言えば、ロードバイクやCocci Pedaleの自転車は災害時には「不向き」というだけで、全く役に立たない訳ではありません。 また、マウンテンバイクだからと言ってパンクしない訳でもありません。 そこで、こんなアイテムを備えておくことをオススメします。   1.予備のチューブ1〜2本(もしくはパンク修理キット) 2.タイヤレバー 3.ガムテープ(工房になかったので、養生テープが代理です) 4.携行ポンプ(もしくはCo2ボンベ) 5.その他、タイヤ交換に必要な工具   パンク修理キットの方が万能ですが、予備のチューブの方が手っ取り早いです。 もちろん、予備のチューブを用意して、なおかつパンク修理キットもあると安心です。 チューブは対応サイズ、バルブの形式を確認して選んでください。 タイヤレバーは最低で2本。3本あると便利です。 ガムテープはチューブ交換後(パンク修理後)、タイヤ側にも穴が空いている筈なので、タイヤの内側から穴を塞ぐ為に必要です。 万能アイテムの1つなので、備えておくと何かと役立つでしょう。 ↑代理の養生テープ。丸ごと持ち歩くとかさばるので、少し取ってクルクルと巻いておくのがオススメ。  ...

もっと読む

最近、話題になることが増えた電動キックボード。 「ほぼ」自転車扱いの電動キックボードと自転車、どちらが良いのか? 悩む方も多いかもしれませんね。 そこで、今回は自転車メーカーの自転車好きの視点で比較してみようと思います。 比較する際に用いる自転車は電動アシスト無しの自転車で行います。 また、実際に乗車しての比較ではなく、構造的にこうだからこうだ、法律上はこうだからこうだ、という話になりますのでご注意ください。 まずはそれぞれの長所から。   電動キックボードの良いところ ・自分で漕がなくて良い(モーター駆動) ・オートバイより気軽に乗れる(ヘルメット、免許不要の車体もある) ・登り坂でも楽 ・コンパクトで持ち運びもできる   自転車の良いところ ・自分のペースで走れる ・歩道も走れる ・サドルがあるので座れる ・車輪が大きい ・長距離の移動もできる ・充電が不要   ちょっと自転車の方が弱いでしょうか? では、短所で比較するとどうでしょう?   電動キックボードの悪いところ ・原則として車道を走らなければいけない(例外もあります) ・車輪が小さい ・運転免許が必要になる場合もある ・電動キックボードのみでの長距離の移動は不向き ・充電が必要   自転車の悪いところ ・自分で漕がなければ進まない ・登り坂はツライかも ・車道を走るのはちょっと怖いかも? ・体力が必要になる ・オシャレな格好はちょっとしにくい   移動手段と考えた時、ちょっと自転車の方が有利かもしれません。 「それは短所なの?」というポイントもあると思いますので、ちょっと解説しますね。   ・原則として車道を走らなければいけない(電動キックボード) 実際に乗車する場所を想像してみてください。大通りを走りますか? 都内に在住の方は三軒茶屋や渋谷周辺を想像してみると、結構怖いはず。 大阪だと梅田でしょうか?(行ったことがないので想像ですが!) 当然、二段階右折が必要です。(原付二種に該当する場合は異なります) 原則として、とわざわざ書いたのは、歩道を走れる場合もあるからなのですが、ここはちょっと複雑。 まず「特定小型原動機付自転車」(以下、特定小型原付)に区分される電動キックボードである必要があります。 これは最高速度が20km/h以下で、全長190cm、全幅60cm以内に収まる車体が該当します。...

もっと読む

平素はCocci Pedaleをご愛顧頂きありがとうございます。 2022年3月7日(月)、弊社webサイトを更新致します。 更新作業中はご不便をおかけ致しますが、あらかじめご了承ください。   なお、この更新作業に伴い、ご購入時にご利用頂ける割引クーポンの配布を予定しております。 ご検討中のお客様はぜひご利用ください。   また、今回の更新に伴い、在庫切れカラーを含むご注文も可能となります。 こちらの場合、4月中旬頃より順次出荷となります。 弊社に在庫があるご注文の場合、従来通り順次出荷致します。 なお、在庫切れ商品につきましてはこちらをご確認ください。   ご不明な点がございましたら、下記へお気軽にお問い合わせください。  contact@cocci.co

もっと読む

平素はCocci Pedaleをご愛顧頂きありがとうございます。 この度、原材料価格の高騰、運送費用の上昇等に起因する部品調達コスト等の上昇が続いております。 スタッフ一丸となりコスト削減に努めて参りましたが、今後、現状の価格では安定的供給が困難になる見通しとなりました。 そのため、大変恐縮ではございますが、2022年3月1日より、部品の販売価格を下記の通りに改定させて頂くことになりました。 下記表の価格には10%の消費税が含まれます。 フレーム各色  ¥18,700 フォーク各色 ¥9,240 フレーム・フォークセット各色 ¥27,940 タイヤ各色1本 ¥3,080 チューブ1本 ¥1,056 リムテープ(1台分) ¥660 スポーク36本 ¥1,320 シングル用フリーギア18T ¥1,320 フロントホイール各色 ¥15,180 リアシングルホイール各色 ¥15,180 リア内装3段ホイールセット各色(取り付け説明書付き) ¥24,200 リア内装5段ホイールセット各色(取り付け説明書付き) ¥30,800 内装3段シフトレバー ¥4,224 シフトインナーワイヤー ¥1,320 シフトアウターワイヤー各色 ¥770 グリップテープ(バーエンドコルク、説明書付き) ¥2,112 バーエンドコルク ¥1,056 ノーマルハンドル各色 ¥2,640 ブルホーンハンドル各色 ¥3,036 ドロップハンドル各色 ¥3,036 ワイドアップハンドル各色 ¥3,036 ステム各色 ¥2,904...

もっと読む

一部商品が弊社在庫切れ、メーカー在庫切れとなっており、入荷にお時間を頂いております。   ハンドル(ブルホーン) 入荷済み タイヤ(ブラック)入荷済み タイヤ(ホワイト)入荷済み タイヤ(パープル) 入荷済み タイヤ(ブルー)入荷済み タイヤ(ブラウン)入荷済み 内装5段ギア 在庫切れ、入荷日未定 ライト(ブラック) 入荷済み ライト(シルバー) 入荷済み 新型コロナウイルスの影響により、一部商品の入荷に遅れが出ております。入荷予定時期につきましても、海上コンテナの輸送に遅延が発生しておりますため、上記の予定より遅れる場合がございます。ご不便をおかけして大変申し訳ございません。入荷待ち商品につきまして、ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。   <2021/11/04 追記>デザイン画面で在庫切れになっているタイヤの色を選択可能ですが、こちらは予約となります。

もっと読む

現在、弊社webサイトにおいて、下記の不具合が発生しております。   ■現在確認している不具合 [1/20 16:00] 在庫切れになっているオプションを選択し、注文できてしまう。  [1/21 16:25追記]  本不具合について、修正が完了致しました。  お客様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申しあげます。   [11/15 10:00] サイト内各ページにある「このデザインをベースにデザインする」(同一の動作をするその他の表現も含む)からデザインを始めようとすると、デザインが反映されず、初期設定のデザインが表示される。   [11/04 13:50] デザイン画面で色を変更しようとするとアイコンが消えてしまうことがある。  [01/11 15:50追記] 回線速度が下り42Mbps以上程度で不具合が解消するかと存じます。この不具合は修正中ではございますが、お急ぎの場合は回線速度の速い環境でお試しください。   [10/21 11:10] ・デザイン画面上のサドル、グリップの色の一部が金属パーツと同一の色味で表示されている 実際の色はこちらのページの下部にある「カラーサンプル2」の色となります。  [10/22 10:40 追記] 本不具合につきまして、修正対応が完了しました。 現在は正常なカラーで表示されております。 お客様にご迷惑をおかけしましたことを、お詫び申し上げます。   [10/18 10:00] ・カラーテンプレート、デザイン事例等からデザインを開始しようとすると、デザインが反映されず、初期設定のデザインが表示されてしまう ※デザイン画面で直接色を選択して頂ければ、ご注文は可能です。  [11/2 10:50] 本不具合につきまして、修正対応が完了致しました。 現在は正常にデザインが反映される事を確認しております。 お客様にご不便・ご迷惑をおかけしました事を、お詫び申し上げます。 なお、弊社の過去のSNS投稿に「cocci.co/create/design/〜」のURLでデザインのURLがございますが、こちらはシステムが異なります都合上、現在のデザイン画面には反映されません。 大変申し訳ございませんが、こちらにつきましては仕様となりますのでご了承頂ければと存じます。   こちらに掲載されている不具合は、修正中でございます。 修正完了までご不便・ご迷惑をおかけ致しますことをおわび申し上げます。

もっと読む

年末年始は下記の通りの営業となります。   12/27(月)通常営業 12/28(火)通常営業(年内最終日) 12/29(水)〜1/3(月)お休み 1/4(火)通常営業   この期間中に頂きましたお問い合わせ等は1/4(火)より順次ご連絡を差し上げます。 また、パーツのみのご注文につきましても、12/28(火)の出荷が年内最終となります。 なお、完成車発送は下記の通りの出荷スケジュールとなります。   12/27(月)年内最終出荷(12/29到着希望までと1/5到着希望) 12/29(水)年内の到着希望日最終 12/30(木)〜1/4(火)到着指定不可 1/5(水)出荷再開(到着指定可)   1/5(水)到着希望分は12/27(月)の出荷となりますので、ご注意ください。 ご不便をおかけして大変申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

もっと読む

スポーツをやっていた方なら、きっと1度は必ず通るであろうフォームの話。陸上、野球、バドミントン、テニス等々……。部活でフォームを直した、という方も多いはず。実は、自転車にもフォームがあります。今回はそのうちの1つ、ペダルと足の話をしてみようと思います。実はCocci Pedaleのペダルには裏表があるのですが、ご存知でしたか?その裏表の判別は意外と簡単です。初めに、この画像はペダルが表の時。 次に、こちらが裏です。 ペダルの外側が調整用に窪んでいるのですが、これが裏表の目安になります。窪みがない面が表側、足を載せる面になります。この裏表はあと3つ、判別ポイントがありますよ。ペダルの端に、下の画像のような穴が空いています。これが車体の後ろに来ていれば表を向いています。この穴はトー・クリップ、トー・ストラップという部品を取り付ける場合に使用する穴です。ビンディングペダル登場以前のスポーツ用ペダルの部品ですね。もちろん、今でも愛用している方は多いですよ。さて、次の判別ポイントはペダルの車体側です。↑ペダルの車体側に出っ張りがありますよね?これが車体の後ろ側に来ていれば表です。これもトー・ストラップを取り付ける際に使うものです。トー・ストラップは皮やナイロンのベルトで足をペダルに縛るので、こういう穴や引っ掛ける場所が必要です。最後の判別ポイントはこちら。↑ペダル中央付近の出っ張りです。この出っ張りは「蹴返し」というもので、トークリップがある場合につま先で引っ掛けて足を入れやすくするためのもの。Cocci Pedaleの自転車には反射板が取り付けられている都合上、実用性はちょっと低めですが、トー・クリップ、トー・ストラップを取り付けると、結構使います。 蹴返しは少し踏み面より出っ張っているので、乗り慣れてくると、足を載せただけで裏表が分かるようになります。ペダルの裏表は分かりました。しかし、それが分かってもあまり意味がないのでは……?いえいえ、そんな事はありません。ペダルの裏表はやはり関係があります。しかし、その前にお話したい事があります。それは、足をペダルに載せる位置です。なんとなく、土踏まずのあたりでペダルを踏み込んでいませんか?実はこれが冒頭のフォームの話の部分に繋がります。 実際に、画像で比較してみましょう。 分かりやすいように、靴を履いた状態と履いていない状態で撮影しました。まずは土踏まずのあたりで踏み込む場合。続いて、正しい位置で踏み込む場合。母趾球のあたりで踏み込むと、最もペダルに力が伝わります。つまり、最も楽にペダルを回せるのが母趾球の位置なんです。実はトー・クリップを使うと、自然とそこに収まる位置です。(もちろん、調整は必要ですが)ロードバイクに乗っている方で愛用される方の多いビンディングペダルも同様に、母趾球付近にビンディングが装着されます。さて、母趾球とペダル、どう繋がって来るでしょうか?母趾球で踏み込み、ペダルを裏返しで使うと、ちゃんと力が伝わりきっていないかもしれません。最初の方で、調整用の切り欠きがあるとお話しました。横から見れば分かる通り、裏返しだとその分だけへこんだような形になっています。そのへこんだ部分には力が入っていない、という事ですね。表側はそこの部分もちゃんと踏み面になっているので力が逃げません。ペダルを踏み込んだ時に力が入りやすい位置を見つけると、もっと楽に乗れるようになりますよ。足を乗せる位置が車体寄りか、外寄りかでも踏み込みやすさが変わってきます。あまり車体寄りに足を置くと、クランクに靴が当たってしまいますが、好みの位置を探してみてくださいね。革靴で乗る場合、ソールが足より幅があるタイプも多いですが、このタイプだとクランクと靴が接触しやすいのでご注意を。クランクに当たらない程度に足を外側に置いてくださいね。繰り返し靴とクランクが擦れると、クランクの塗装が落ちてしまいます。また、ズルッ、シュルッと言った音の原因にもなります。 今回は、意外と深い乗車時の姿勢の中でもペダルについてでした。

もっと読む
お気に入りに追加されました。
お気に入り
商品がカートに追加されました。
カートに戻る

キーワードを入力してください