• ブログ

.section_page_header .backdround-image-inner { background-color: #ffffff; padding-top:80px; padding-bottom:0px; }

クロスバイクのサドルはなぜ固いか  初めてロードバイクやクロスバイクに乗られる方から「サドルが固い」というご意見を良く耳にします。Cocci Pedaleも基本的なサドルの構造はロードバイクやクロスバイクと同じものを採用しておりますので固く感じられる場合があります。 諸説ありますが、以下がサドル硬さの主な理由となります。 ロードバイクに乗られる方の多くはパットの入ったパンツを穿いているため不要。(サドル側にパットを入れるとサドル上での動きが制限され、こいだ力を直にタイヤへ伝えづらくなります) 柔らかいと長距離を走った際に疲れやすくなる。 そもそもサドルメーカーの多くがロードやクロス向けに柔らかいサドルを販売していない。 ママチャリクラスの弾力性を持たせると見栄えが悪い。  Cocci Pedaleは街乗り用に開発されたため、ロードバイクの薄いサドルなどと比べるとクッション部分の厚みを厚くした上で合皮を使い、こいだ際にサドル上での動きがスムーズになるように設計しています。   シティ車に乗られていた方からすると、最初は「硬いなあ」と感じるかもしれませんが、乗るにつれ、次第に慣れて頂けるかと思います。サドルを適正位置まで上げ、姿勢を前傾姿勢にして頂きますと、お尻掛かる体重が減り、硬さの感じ方が和らぐこともありますのでお試し下さい。   (低すぎるサドル位置)   (適正なサドル位置)   しかし、それでも「お尻が痛い」と感じられる場合には自転車店やECサイトなどでクッション入りのサドルカバーが売られておりますので、無理をせず慣れますまでサドルカバーをお試し頂ければと思います。

もっと読む

Cocci Pedale の自転車はピスト?ロード?クロス? 街中で見かけるおしゃれな自転車、知識が無いと中々自転車を見分けることができないものです。固定ギアを採用しているピストバイク、競技用として使われているロードバイク、マウンテンバイクとロードバイクの合いの子として街乗り用に開発されたクロスバイク、Cocci Pedaleは一体どこに区分されるのでしょうか。      厳密にはもう少し細かな項目がありますが、上記の表を見て頂けると大体のCocci Pedaleのポジションがご理解頂けるかと思います。本気で競争する為の自転車ではなく、街乗りを想定したタイヤの太さやギアの段数を採用しています。 ピストバイクとCocci Pedale Cocci Pedaleは固定ギアの設定も可能なため、上記の表ではピストとかぶっていますが、実際はピストにはブレーキが付いておらず、ペダルを逆回転させることでブレーキの代わりとしています。※道路交通法に伴い、前後のブレーキ装着は義務化されましたので、フレームを加工しブレーキを装着したものをよく見ます。 クロスバイクとCocci Pedale 多くの方がCocci Pedale=街乗り用自転車=クロスバイクという理解をされておりますが、クロスバイクは元々マウンテンバイクの走破性とロードバイクのスピードを合わせて(クロスさせて)開発されたため、マウンテンバイク寄りのものもあれば、ロードバイク寄りのもの、またはギアを無くし、シングルスピードのものが存在します。その為、一言でクロスバイクと言っても「どこ寄り」のものかを理解する必要があります。Cocci Pedaleは上記表でカテゴライズするならば、固定ギア部分を除き、シングルスピード寄りのクロスバイクと定義する事ができるかと思います。 ロードバイクとCocci Pedale Cocci Pedaleはロードバイクですか?というご質問を頂くことがありますが、Cocci Pedaleは街乗り用として開発されており、競技や競走用としてお使い頂く事はできません。ドロップハンドルをお選び頂く事でロードバイクの感覚を味わって頂き、もっと自転車の奥深さを知りたいという方はロードバイクに挑戦頂くのも面白いと思います。    

もっと読む

改めて知っておきたいギアの歴史 Cocci Pedale(コッチペダーレ)ではSturmey-Archer(スターメーアーチャー)製の内装3段ギアをオプションとして取りそろえております。 イギリス生まれのこのブランドの歴史は古く、100年以上も続くブランドです。当時から完成された内蔵ギアシステム、技術、伝統は今もなおほぼ変わることなく生き続けています。   そもそも「ギア」の歴史をさかのぼれば、1000年前に陶芸の台座に使用されたものが初めとされています。 そこから自転車のギアが開発されるまでに約900年かかっており、まずは内装ギアの誕生、そして外装ギアの発展となり現在にいたります。 自転車の起源としては19世紀に登場したペニーファージング型自転車が有名ですが、こちらは前輪がクランクと直結しており、「変速」という概念がなかったのがうかがえます。    そして、19世紀後半になると「安全型自転車」が開発され広く普及します。こちらは現在の自転車とほぼ変わらぬ出で立ちで、チェーン駆動によるクランク側、後輪側の歯車比の違う初めての変速機構を持った自転車となります。 しかし、クランクと動輪が連動(固定ギア)しており、フリーホイールの機構はまだ持ってはいません。] 19世紀後半から20世紀にかけてフリーホイール機構が開発されます。 これにより、飛躍的にギアへの開発が進んだこととなります。 自転車の普及と自転車競技の興隆に伴って外装変速機の進化が著しくなっていきます。当時で前のギアが2段、後ろが5段変速というのが一般的でした。(2015年現在では、後ろのギアが最高11段、電動、コンピューター制御等のギアも発表されています。)   内装ギアの進化に至っては、競技用用途としての変速機は早い段階から外装変速機が主流となってしまったので最新技術が常に求められる需要がなく、開発当時から大きく進化している点はないですが、進化できる機構も少なく、すでに完成されたものであったといってもよいでしょう。 メリットとしては、機構が内部で密封しているために、泥汚れに強く非常に耐久性がある。また停止時にも変速ができるので、交通量の多い市街地を走る自転車に向いている。またチェーンの張力が一定のため、チェーントラブルが少ないなどの特徴があります。   これらを考慮した上でCocci Pedaleはスターメーアーチャー製の内装3段ギアを採用しています。 テスト走行時、多段ギアにて東京都内を走行。結果、ギアを変速させるタイミングはそんなに多くはありませんでした。多段ギアが性能を発揮できるのはあくまでレースや競技用であり、街乗りにはオーバースペックだと考えます。 内装3段ギアにてのテスト走行時、東京都内街乗り500kmでは坂道、信号待ちからのスタート等なんら問題ない結果が出ています。都内といえど、山、谷のつく地名は多く、意外と坂道は多い。しかし、そんな環境をクリアできるギア比となっています。 左:通常のシングルギアハブ、右:内装3段のギアハブ   Cocci Pedale のギア仕様 ノーマル(ギア装着なしのシングルフリーギア)時 フロント歯数:22T リアフリーコグ歯数:18T ギア比:2.44   スターメーアーチャー装着時ギア比 Gear 1 - 75% Gear 2 - 100%(ノーマル時との比) Gear 3 - 133% Weight - 990g   

もっと読む

山梨県のホステルkagelowがCocci Pedaleを選んだ理由 この度、外国人向けホステルのオープンということでおめでとうございます。 kagelow代表)ありがとうございます。施設、サービス共に細部にまでこだわり、ここ富士の麓でジャパンクオリティを世界に発信していきたいと思っております。       今回はオープンと同時にレンタルサイクルのサービスを始めるとお聞きしましたが? kagelow代表)ホステルとしての業務はもちろんですが、お客さまの満足度を考えた時に移動手段の充実は非常に価値のあるものだと思っていました。ホステルのある河口湖付近は公共の交通機関がまだまだ少なく、各観光地を巡るためには自転車が最適なツールではないでしょうか。お客様が快適に旅を楽しんで頂くための必須アイテムですね。   Cocci Pedale(コッチペダーレ)とkagelow(カゲロウ)との出会いは? kagelow代表)もともとは代表同士が同郷で名前はお互い知っていたんですが、接点は特になく、kagelowの立ち上げでレンタルサイクルのサービスを始めるということで自転車を探していました。そんな折、知人の紹介でCocci Pedaleに声をかけました。 Cocci代表)Cocci Pedaleはその時、クラウドファンディングにて自転車製作の資金調達をしていましたね。タイミング良くお声をかけて頂いて、この度のkagelow Mt.Fuji Hostel KawaguchikoのオープンはCocci Pedaleにとっても非常に楽しみでした。   なぜCocci Pedaleをレンタルサイクルとして採用したのですか? kagelow代表)やはりかっこいい、おしゃれ、シンプル、豊富なカラーバリエーション、カスタマイズ、乗り心地、これら全てを揃えているのがCocci Pedaleでしたので、迷う時間はありませんでした。レンタルサイクルは初期5台を配備予定でkagelowのコンセプトカラーをうまく散りばめ、統一感の中にもしっかりと1台1台個性を表現しました。   実際の自転車を見てどうでしょうか? kagelow代表)素晴らしいの一言ですね。イメージ通りの配色に想像以上の質感でとても満足しています。乗り心地も普通のママチャリとは違い、乗り出しが軽く、スムーズに観光地を周れると思います。製作には苦労しましたか? Cocci代表)全然です。笑 白、黒を基調にまとめてくれたので塗装、組み立ては一気にまとめてすることができました。納車の際の驚きと喜びの顔はいい顔でしたよ。 kagelow代表)ありがとうございます。    kagelowの今後、またCocci Pedaleとの展開を教えてください。 kagelow代表)まだスタートしたばかりなので、まず皆さんにkagelowを広く知ってもらう事と、サービスの安定を急ぎ、ターゲットである欧米人だけではなく、多くの方にkagelowを通して富士の麓を楽しんでいただけたらと思います。また、レンタルサイクルのサービスを確立させ、観光地のツアー化、自転車を通したイベント、新たなアクティビティーの構築を図りたいと思います。各ホステルをCocci Pedaleで結ぶネットワークなどできたら面白いかもしれませんね。 Cocci代表)是非Cocci Pedaleのチャリで町をいっぱいにしてください。   ありがとうございました。  

もっと読む

おしゃれな自転車選びをするユーザーに人気なハンドルとは Cocci Pedale のハンドルはノーマル、ブルホーン、ドロップ、ワイドアップの4種類。ハンドルによってそれぞれ見た目も、乗り方も変わってくるのでライフスタイルに合わせてお選び頂いています。(ハンドルごとの特徴についてはこちら) Cocci Pedale で人気のハンドルはずばりブルホーンハンドル。約半数のCocci Owner様がブルホーンハンドルを選ばれています。お客様が選ぶハンドルの割合は次のようになってます。 スポーツタイプの自転車には興味があるけれどドロップハンドルは乗りづらいイメージ ノーマルハンドルは乗りやすそうだけど、一度スポーツタイプを味わってみたい という方に人気のようです。 続いての人気はドロップハンドル。街乗り用のおしゃれ自転車としても人気の高いドロップハンドルはCocci Pedaleでも3割の方が選ばれています。 残念ながらワイドアップハンドルを選ばれるCocci Owner様は5%程度と少ないのですが、クラシックな見た目や近所乗りに使われる方には好まれているようです。     実物をもっと見たい方はFacebookやTwitterも合わせてどうぞ!

もっと読む

設計がキモ!Cocci Pedale開発ストーリー2 Cocci Pedaleをベースに「おしゃれ」を楽しんで頂く為に、ベースの自転車設計は「邪魔なものを省く」、「線を綺麗に保つ」ことを念頭に取り掛かりました。   1, 余分なもの 自転車のラインを際立たせるため、フレームのラインを邪魔している「ブレーキ」や「配線を極力見えない存在にすることに拘りました。後輪ブレーキをクランク部へ配置し、ブレーキ&ギヤワイヤをダウンチューブに通すことで、後輪がすっきり見え、ワイヤ類が見えないシンプルなラインを成型致しました。 2, 美しいフレームライン 次に取り掛かったのが、フレームのラインそのもの。世の中の自転車の多くが強度上の問題からトップチューブ、ダウンチューブ、シートチューブの太さを変えています。その為、ラインの太さが要所要所で変わってしまい、綺麗さに欠けていました。Cocci Pedaleは全てのチューブの太さを同一に設計しています。それぞれのチューブ自体の厚みを変える事で強度を保ち、ラインの美しさと強靭さを同居させています。 3,フレームアングル フレームのラインがちぐはぐにならないよう、ラインが極力平行になるような設計にしています。トップチューブは地面と平行に、シートチューブとヘッドチューブ/フォークも出来る限り平行に設計されています。これにより縦、横のラインが均一に見え、美しさが助長されています。 4,ラインの繋ぎ目 近年の自転車の多くが半自動溶接と呼ばれる溶接方式を採用しています。半自動溶接は接合部が密接せずとも接合することができ、生産効率は上がりますが、どうしても溶接部分が太く、ごつくなってしまいます。Cocci Pedaleは細く綺麗なラインを保つため、TIG溶接を採用しています。TIG溶接は接合部に隙間があると結合することができず、コンマ数ミリの隙間も許されない職人技の溶接術です。これにより、細く綺麗な印象を繋ぎ目にも与えています。  

もっと読む

コンセプトに魂を!Cocci Pedale開発ストーリー1 Cocci Pedaleは約1年間に渡る綿密な構想・調査に基づき創られました。 本当におしゃれな街乗り用の自転車とはどんなものだろう 人によって違う「おしゃれ」をどの様に達成すべきだろう 街中や駐輪場の自転車を調べ、統計を取る。街頭に立って様々な自転車に乗っている人に用途や「本当はこうしたい」を聴く。統計を元に仮説を立て、現場で再検証をする。国内外の自転車や自転車部品のメーカーを視察し、必要な場合は素材メーカーへも赴く。自転車業界で解決できない問題は異業種へもコンタクトをする。賛同してくれる仲間を集める。 そうやって創られたのが今の「自転車設計」であり、「オーダーシステム」であり、「色」なのです。 自転車は「地点A」から「地点B」への単なる移動手段ではありません。 普段は行かない小さな路地の美味しい洋食屋を見つける 吐く息の白さや、咲いている木花で季節を感じる 食事やお酒がおいしくなる そんな小さな幸せがたくさん詰まった乗り物に、自分らしさを吹き込めるのがCocci Pedaleです。 気持ちの良い汗をかける 人の生活の一部を埋める重要な存在。「地点C」をCocci Pedaleと共に彩って頂けますと幸いです。 Cocci PedaleのCocciはイタリア語のCoccinella(日本語で「てんとう虫」)からとっています。海外では幸せの代名詞としても知られています。気持ちの良い春になると一斉に飛び立っていくこと、カラフルで色々な種類が居ることからブランド名として名付けました。皆さんに幸せを運んで行けますように。

もっと読む

自転車のハンドルは4種類から選んでおしゃれにしよう Cocci Pedaleではカラーリングの自由だけでなく、ハンドルも4種類から選ぶことができます。ハンドル種によって乗り心地だけでなく、見た目の印象も大きく変わってきます。こちらからハンドルのシミュレーションをしてみると欲しいハンドルが見つかるかもしれません。 幅が広めのライズアップハンドルで安定感のある乗り心地にしたい、ドロップハンドルで前傾姿勢になれる自転車にしたい、などそれぞれ特徴に合ったものをお選び頂ければと思います。 *写真をクリックすると同じデザインをベースにWeb上でカスタム可能です。 ライズアップハンドル ブルホーンハンドル ドロップハンドル ワイドアップハンドル   ライズアップハンドル ライズアップ(ノーマル)ハンドルは一般的なシティサイクルに良く使われているハンドルです。ハンドル中央部(ステムとの接合部)が下がっており、両サイドのグリップ部分が上がっているため、姿勢が前傾姿勢になり過ぎず、安定した運転が可能です。 タイヤの細い自転車に乗り慣れていない方はノーマルハンドルから始めてみるのも良いと思います。女性に一番人気なのがこのタイプのハンドルです。 ブルホーンハンドル ブルホーンハンドルは後述するドロップハンドルから派生して開発されたハンドルです。ドロップハンドルを反対にして先端のカーブ部分を切り取ったのが始まりと言われています。主にタイムトライアルやトライアスロンで使われることの多いハンドルタイプです。 普段乗りする際にはグリップの付いた中央部を握って頂き、少しスピードを出したい時に両先端部を握ることで姿勢を低くし、空気抵抗を減らした運転が可能です。 Cocci Pedaleで一番人気のハンドルが、このブルホーンハンドルです。 特に男性から圧倒的な支持を得ています。ドロップほどのスポーティな見た目は必要ないけども、ノーマルハンドルじゃ物足りない、そんな方におすすめです。 ドロップハンドル ドロップハンドルは多くのスポーツサイクルで用いられているハンドルタイプです。 ブルホーンハンドルと同様、持つ位置によって走行姿勢を変えることが出来る為、普段よりスピードの増減などが多い方にお勧めです。 中央部にあるグリップを握り、正面から見た際に一番細く見えるのも特徴です。見た目的にもスポーティ&スマートになり、自転車の楽しさを味わえるハンドル形状です。 ワイドアップハンドル ワイドアップハンドルは主にビーチクルーザーやクラシックバイクに用いられるカジュアルなハンドルです。他のハンドルとは異なり、前傾姿勢にならないため、首、肩、への負担が少なくなります。] 配色によってクラシックな見た目、ビーチタウンに合う見た目など印象を大きく変えることが出来る為、乗っている姿を想像しながら配色して頂けると面白いハンドルです。クラシックな配色であればスーツも似合うはず!? 以上、Cocci Pedaleの自転車で選べるハンドルを4種類紹介しました。 ハンドル一つでも自転車の乗り方や楽しみ方が大きく変わってきますので色々考えながらデザイン頂けると幸いです。  

もっと読む

Cocci Pedaleの自転車はスポーク組みも手抜きしない Cocci Pedaleはラジアル組み(前輪)と3 Cross(後輪)の二つを組み合わせて制作しています。 数あるスポーク組み方法の中でもこの組合せを採用しているのにはワケがあります。 1)回転時の形状が印象的 前輪、後輪のスポーク組み方法が異なると、タイヤが回っている時の回転跡が異なって見えます。前輪のラジアル組みは全てのスポークが放射線状に綺麗に広がっているので、光を綺麗に反射しながら回転します。後輪はスポークの交差部分に光が当たりやすい為、交差部分に目が行きます。 通りすがるCocci Pedaleを見かけると「あれ?」という違和感を感じるのは、乗られている方の配色センスだけではなく、もしかするとスポーク組みも影響しているかも知れません。気づく人は多くありませんが、ちょっとした拘りが見え隠れする部分です。 2)機能性 後輪は足で漕いだ力がそのまま伝わります。その為、重量は増しますが強度のある3 Crossを採用致しました。後輪の「3 Cross」とは一本のスポークが何回他のスポークと交差されているかを説明しています。Cocci Pedaleの後輪は3 Crossのため、3回交差していることになります。交差数が増えるとスポークのズレが少なくなり、力が掛かった際にリムに振れが出ずらいと言われています。 前輪は後輪と比べ負荷が少ないため、操作性、美観を考え、より軽量なラジアル組を採用致しました。ラジアル組は昔の自転車に多く使われていた組み方で、どちらかと言うとシンプルでクラシックな見た目になっています。とてもシンプルですが、きっとクラシックな自転車が好きな人にはたまらないスポーク組みです。 スポーク同士をねじって留めてあったり、少ないスポーク数で軽量化を図ったりと、スポーク本数や組み方だけでも多くの方法がありますので興味がある方は是非一度調べてみると面白いと思いますよ。

もっと読む
お気に入りに追加されました。
お気に入り
商品がカートに追加されました。
カートに戻る

キーワードを入力してください