<株式会社コッチの悩み>

「おしゃれで実用的な自転車のカゴがない」

弊社は誰でも世界で一台の自転車をカスタムできる新しい自転車ブランド「Cocci Pedale(コッチ・ペダーレ)」を運営するベンチャー企業です。ブランドイメージを大事にしている為、どんなパーツもおしゃれなデザインとしたいのですが、おしゃれなカゴが見つかりません。機能性を保ちつつも、既存のカゴの「ダサい」イメージを覆して頂けるような皆様の発想力豊かなデザインをお待ちしております。

結果発表はこちら:https://cocci.co/event/design_compe_result

<基本情報>

このページの内容をWordファイルでダウンロード

【応募資格】
 現役美術・芸術関連大学生、専門学校生並びに自転車関連専門学校生であること(一人2点まで)
【応募期間】4月25日0:00~5月25日20:00
【選考発表】6月10日(Cocci Pedale Webサイト発表:https://cocci.co/
【審査員】
 瀧徹:彫刻家(旧所属 千葉大学工学部デザイン工学科助教授)
 板橋廣美:陶芸家(旧所属 金沢美術工芸大学工芸科教授)
 関田浩司:セキタデザインスタジオ代表(プロダクトデザイナー)
 勝俣俊二:株式会社コッチ代表取締役
【賞金】

  1. グランプリ:1点(賞金5万円+Cocci Pedale自転車1台)
  2. 入賞:2点(賞金2万円)
  3. 採用:点数未定(デザイン料として2016年12月31日までの売上のうち3%)
審査員に選出されました5点につきましては各審査員よりコメントを頂き、応募者にフィードバックさせて頂きます。

<デザイン仕様>

【要件】

  1. 自転車の「カゴ」をデザインして頂きます。
  2. 自転車に取り付け/取り外し可能であること。(溶接、溶着不可)
  3. 全天候対応可能な素材を選択すること。
  4. 6リットル以上の買い物袋を安全に運べる機構であること(置く、包む、吊るす等)
  5. 配置場所に制限はありませんが、運転の操作性、安全性、乗り心地が低下するような場所への配置はご遠慮願います。
Cocci Pedale 自転車の写真はこちらからダウンロードできます(zipファイル)。

*ご要望に応じて自転車のサイズ等をお送り致しますので、ご質問等ございましたらcontact@cocci.coよりお問い合わせ下さい。

【提出物】

  1. デッサン、イラスト、CAD、サンプル品など未発表且つ意匠権未取得のものに限ります。
  2. ファイル形式はJPEGでの提出をお願い致します。(デッサンやサンプル品についてもスキャナ、カメラなどを用いてデジタルデータ化をお願い致します)
  3. ファイルサイズが5MBを超える場合はファイル転送サービス(宅ファイル、Dropbox等)をご利用願います。
  4. 提出先:contact@cocci.co (タイトルに:「デザインコンペ応募」と記載願います)
  5. ご提出頂く際には下記内容をメールに記載願います。
    1. 氏名:
    2. 所属学校/学部:
    3. 電話番号:
    4. Email:
    5. 作品タイトル:
    6. 作品説明:(材質、使い方等、説明が必要な場合)

【注意事項】

  1. ご提出頂きました作品については弊社社内使用及びコンペ運営用途のみとして使用し、その他の用途として使用致しません。(採用された作品を除く)
  2. 入賞及び採用作品に係る所有権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権(著作権法第27条及び第28条所定の権利を含みます)、その他一切の権利(知的財産権を登録する権利を含みます)は、入賞、採用が決定した時点で応募者から株式会社コッチに無償で譲渡するものとします。
  3. 採用されました作品については、別途デザイン手数料の支払い契約を締結させて頂き、商品化後から2016年末までの期間の売上の3%をお支払させて頂きます。
  4. 入賞・採用されました応募者及びその作品については後日プレスリリース用の写真撮影と記事掲載をさせて頂きます。(掲載内容・掲載先についてご要望がある場合は事前にお教え願います)
  5. 盗品、模倣品の応募は固くお断り致します。選考段階や表彰後に盗品、模倣品であることが判明した場合は応募、表彰取消をさせて頂きます。

<審査員紹介>

瀧徹(彫刻家)

【略歴】
1964年 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業
1966年 東京芸術大学大学院美術研究科修了
1966-70年 東京芸術大学美術学部彫刻科副手
1967年 ヨーロッパ彫刻シンポジウム招待 サンマルガレッテン、オーストリー
1969年 新制作協会会員となる
1984年 「テレビ美術館・石の音・石の空」フジTV
1988-90年 千葉大学工学部工業意匠学科非常勤講師
1988-93年 東京芸術大学美術学部彫刻科非常勤講師
1990年 千葉大学工学部工業意匠学科助教授
【受賞】
1964年 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業
1964,65,66年 新制作協会展 新作家賞
1983年 第3回ヘンリー・ムーア大賞展 佳作賞
1985年 第4回ヘンリー・ムーア大賞展 彫刻の森美術館賞
板橋廣美(陶芸家)

【略歴】
1973年 日本大学法学部卒業
1977年 岐阜県多治見市陶磁器意匠研究所修了
1978年 陶芸家伊藤慶二師事
1992-01年 武蔵野市障碍者総合センター講師
1996年 ウインズ陶芸研究所開設
1999年 金沢卯辰山工房講師
1999-08年 多摩美術大学講師
2000年 「やきもの探訪」放映 NHK BS2
2005年 フランス バロリスAIR 60日間制作、個展
2007-14年 金沢美術工芸大学工芸科教授
2009年 秋田県美術展覧会審査員
2010年 新潟県上越市芸術展審査員
2012,13年 マーラ国立工科大学外部卒業審査員(マレーシア)
【受賞】
1976年 日本陶磁器デザインコンペティション 優秀賞
1977年 朝日陶芸展 77朝日陶芸賞
1979年 岐阜県陶磁器デザイン総合展 奨励賞
1983年 朝日陶芸展 83大賞
1984年 中日国際陶芸展 84大賞
1985年 中日国際陶芸展 特賞
1989年 国際陶磁器美濃 デザイン部門銀賞
1991年 47ファエンッア国際陶芸展 買上げ賞
1997年 出石磁器トリエンナーレ 97大賞
2008年 金沢市工芸展 大賞
2009年 金沢市工芸展 世界工芸都市宣言賞
関田浩二(デザイナー)

【略歴】
1996年 桑沢デザイン研究所卒業
1998-2001年 株式会社 高取空間計画
2001-2002年 株式会社 イデー
2003-2012年 窪田建築都市研究所 有限会社
2011年 セキタデザインスタジオ設立(URL:http://www.dramatic-re.com/)
【展覧会】
2011年 ミラノサローネサテリテ
2011年 東京デザイナーズウィーク
2012年 シンガポールファニチャーデザインウィーク プラットフォーム
2013年 テントロンドン / スーパーブランズロンドン
【シンポジウム】
2013年 HDF Luxurious Projects Asia Summit & Awards 2013(シンガポール)
∧ トップ